【2018年9月より堯舜インターナショナルスクール初等部は堯舜国際初等部へ改称されました】

初等部コラムColumn

17August

幼児英語教育にはメリットがたくさんある!

  • Share

子供が幼いうちから英語を勉強させると、数々のメリットがあります。特に、言語を体験的に学びやすいと言われているのは0~10歳の時期であるため、この期間はなるべく多く英語に触れさせてあげましょう。

 

このコラムでは幼児英語教育の魅力についてお伝えします。

 

幼児期は英語に触れていられる時間が増やしやすい!

幼児期から英語を学び始めるメリットとしてまず挙げられるのは、英語のためにかけられる時間を増やしやすい点です。子供が学校へ通うようになると、日中は学校で過ごすことから、英語の学習にかけられる時間は少なくなります。

さらに、小学校から中学校へ、中学校から高校へ、進学するごとに英語に触れることのできる時間には、限りが出てくるでしょう。それに対して、自由度の高い幼児期は英語に触れる時間を確保しやすい環境が整っています。

今のうちにたくさん学習させてあげることがとても重要です。

 

10歳までなら体験的に言語を習得しやすい!

大人になってから英語を学んで、なかなか習得が難しいと感じたことがないでしょうか? その理由のひとつとして考えられるのが、「10歳の壁」と呼ばれる理論です。そもそも0~10歳の人間は「言語形成期」にあるため、

この時期には体験的に言語を習得しやすいと言われています。言語形成期を過ぎてしまうと、論理的に言語を習得することになります。さらには、10歳以下の子供の中で比較しても、年齢が低いほど感覚で英語の学習ができることも知られています。

お子さまが英語の勉強に苦手意識を持つ前に、体で英語を学べるのが、幼児英語教育のメリットです。

 

多様性を身につけるキッカケになる!

小さい頃から2つの言語に触れる環境を与える幼児英語教育は、多様性を大切にできる子供を育てられるというメリットもあります。昨今、日本ではグローバル社会で活躍できる人間の育成が課題となっています。

子供の教育においても、多様性を認める価値観が求められているのです。そういった意味からも、お子さまに世界で活躍する人間としての成長を期待している親御さんの間で、幼児英語教育のニーズが高まりつつあるようです。

人生を豊かにする人間関係を築くために、なるべく早い時期から英語を学び、多様な文化を大切にできる教育に触れさせてあげることをおすすめします。

 

人間は、10歳以前には言語を体験的に習得しやすいと言われていますが、この時期を過ぎてしまうと論理的に習得することになります。お子さまに苦手意識が芽生える前に、幼児英語教育で自然と英語を学べる環境を用意してあげましょう。

英語を話せると将来の選択肢が広がるだけでなく、多様性を認められる価値観の形成など、人間としての成長も期待されています。幼児英語教育を検討されている方々は、お気軽に堯舜国際アカデミーまでご相談ください。

Categories
Archive
About us アイコン 堯舜インターナショナル
スクール初等部

2018年4月開校予定。
アカデミーグループが創る、世界で活躍できる人間力の高い人材を育成する為のインタナショナルスクール初等部です。