【2018年9月より堯舜インターナショナルスクール初等部は堯舜国際初等部へ改称されました】

初等部コラムColumn

29October

話題の英語イマージョン教育。国語の成績との関係など気になるポイントをチェック

  • Share

英語にふれる時間を圧倒的に増やし、自然と語学力に磨きをかける「英語イマージョン教育」。

母国語である日本語の習得に影響があると心配される声もあるようですが、実はその反対に国語の成績を伸ばすことも可能となっています。

こちらでは、英語イマージョン教育についてお伝えします。

 

英語に浸りっぱなしの英語イマージョン教育

英語力を高めるためには、日頃から英語にふれる時間を増やすことが大切です。

そこで、お子さまの語学力を伸ばす目的から、「英語イマージョン教育」を選ぶ保護者様が増えてきました。

英語イマージョン教育とは、国語を除いたすべての教科を、すべて英語で学ぶ教育方法のこと。

英語をひとつの教科として学ぶだけでなく、ほかの教科の学習を通して英語を学びます。

子供の頃から英語に浸りっぱなしの環境で育つことで、一般的な英語教育よりも自然と英語を身につけられると考えられています。

 

授業も英語だから、自然に英語を習得

英語イマージョン教育の特徴は、授業が英語で行われるという点です。

先生が英語で授業を進めるのはもちろん、生徒が先生に質問するときや、生徒同士で会話するときにも英語が使われます。

もちろん英語の授業まで英語で行われるため、内容はかなり難易度が高いと言えるでしょう。

通常の教育では、英語にふれる機会は英語の授業の時間内に限られてしまいます。

それに対して、英語イマージョン教育では、ほとんどの授業で英語が使われるため、圧倒的に英語にふれる時間が多くなるのです。

 

他教科には影響が出ない!

すべての教科を英語で学ぶとなると、多くの保護者様が気にされるのが、英語以外の教科のレベルです。

中には、英語イマージョン教育によって国語力への影響を心配される方も少なくないようです。

しかし、子供たちはご家庭で母国語を使うだけでなく、国語の授業で古典を含め日本語とその文化を学ぶことになるため、母国語の習得にも問題がないことがほとんどです。

反対に、国語の時間には作文指導や読書に力が入れられていることから、成績優秀な生徒が育ちやすい環境となっています。

英語イマージョン教育は、国語をはじめとした他教科の成績の低下と関係がないと考えておきましょう。

 

 まとめ

英語イマージョン教育を通して、子供たちが英語にふれる時間を増やすことができると、より自然と英語を学ぶことにつながると考えられています。

英語以外の教科の成績を心配する必要はありません。

お子さまを英語イマージョン教育の環境で学ばせてあげたいとお考えの保護者様は、ぜひ堯舜国際初等部までお問い合わせください。

Categories
Archive
About us アイコン 堯舜インターナショナル
スクール初等部

2018年4月開校予定。
アカデミーグループが創る、世界で活躍できる人間力の高い人材を育成する為のインタナショナルスクール初等部です。