【2018年9月より堯舜インターナショナルスクール初等部は堯舜国際初等部へ改称されました】

初等部設立への想いEstablishment

理事長からご挨拶

堯舜国際初等部 理事長
株式会社アカデミー 代表取締役社長

AI(人口知能)やロボットが活躍し、グローバル化は当たり前、宇宙旅行も現実となる21世紀、そんな時代に活躍する人材は、高い人間性を持ち、新たな価値を生み出せる人材ではないでしょうか。
従来の知識型教育のみではなく、日本人としてのアイデンティティしっかり持ちつつも、世界の多様なる価値観を理解して、新たな価値を創造できる、創造性豊かな人財を育てる教育が今必要なのではないでしょうか。
人間の脳は10歳ほどで100%出来上がると言われています。その様な天才期・教育黄金期での天才脳力開発に関わって30年、そのノウハウを土台に堯舜国際初等部が新たに創設されます。
「日本からスティーブ・ジョブズの様な人財を輩出する」を合い言葉に、成功マインドを持って、新たな未来を切り拓くそんな人財輩出のために全力を上げて取り組んで参りたいと決意しております。

コンセプト

未来の森の学び場

大きな木々を、種から育てる。

子どもはみんな天才の種です。

けれど、日本の学校の仕組みや制度は、
そこにフタをしてしまっているかもしれない。

私たちはそのフタを取り外し、子供の可能性を引き出す
あらゆる刺激を作り出す場所でありたい。

いろいろな栄養をたっぷりと受けた種だけが、
芽を出し、土を切り拓き、太く大きく育っていくように。

やがて子どもたちは海を越え、世界中に根を生やし、
ビジネスや様々な挑戦によって新たな森を広げていくでしょう。

そのために私たちは、これまでの小学校では
経験できないような様々なきっかけを、
子どもたちに届ける子供たちに届ける学び場でありたい。

大きな木々を、種から育てる。
それが私たち堯舜国際初等部です。

コンセプトムービー

幼小連携教育

1985年に幼児英才教育機関として「堯舜国際幼稚舎」(旧称「堯舜幼稚舎」)を開園。そして2014年に英語を学びグローバルな視野と考えを育む「堯舜国際プリスクール」(旧称「堯舜インターナショナル」)を開校。
そして、2018年4月「堯舜国際初等部」(旧称「堯舜インターナショナルスクール初等部」)が開校しました。これにより約30年に渡り堯舜グループが培ってきた「カワチ式幼児教育法」「英語バイリンガル教育」が幼児から12歳まで一貫教育システムとしてついに完成しました。
初等部を開校し、今後さらに加速するグローバル化に対応する「真の国際人」教育、お子様の光輝く未来に貢献してまいります。

幼稚舎・プリスクールについての詳しい情報はコチラからどうぞ